シネマニュース

.

米アップル、リチャード・ギア主演ドラマ「バスターズ」を制作中止に

2019年9月9日

写真:Shutterstock/アフロ

  •  独自のストリーミングサービス「Apple TV+」向けに複数のオリジナル番組を制作しているアップルが、リチャード・ギア主演ドラマ「バスターズ(原題)」の制作中止を決定したと、米ハリウッド・レポーターが報じている。
     同作はイスラエルのドラマのリメイクで、ふたりのベトナム退役軍人が、かつて恋に落ちた女性が交通事故で死亡したことをきっかけに、ミレニアル世代への怒りに駆られて銃乱射を行っていくというストーリー。ギアは退役軍人のひとりを演じる予定だった。
     イスラエルのテレビドラマが原作のヒットドラマ「HOMELAND」を手がけたFOX21、人気プロデューサーのハワード・ゴードン(「24」)の製作会社チョークウッド・レーン・プロダクション、イスラエルのケシェット・メディア・グループが手がける新ドラマとあって、テレビ局やストリーミング会社のあいだで争奪戦が起こり、アップルが獲得。ゴードンとウォーレン・ライト(「LAW & ORDER 性犯罪特捜班」)が、脚本家チームを率いるショーランナーを務める予定だった。
     関係者によれば、2話分の脚本を読んだアップル側が、復しゅう劇ではなく主人公ふたりの友情に焦点を置いて欲しいと注文したようだ。しかし、ゴードンは物語のダークな要素に重点を置きたいと主張。妥協点が見つからなかったため、アップルは違約金を払い、同番組の契約を破棄する道を選んだという。複数のオリジナル番組を準備しているアップルにとって、「バスターズ(原題)」は最初に中止が決定した作品となった。
     ちなみにゴードンは、これまで契約を結んでいたFOX21を離れ、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンと大型契約を結んだばかり。FOX21はゴードン抜きで「バスターズ(原題)」の企画開発を継続することになった。
  • 記事一覧に戻る
  • .
  • .
.
.
.