シネマニュース

.

「ぼくのエリ 200歳の少女」を1週間限定上映 新作「ボーダー」公開記念

2019年9月11日

(c) EFTI_Hoyte van Hoytema (c)EFTI MMVIII

  •  第71回カンヌ国際映画祭 ある視点部門グランプリを受賞した「ボーダー 二つの世界」の公開を記念し、スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)がヒューマントラストシネマ渋谷で限定上映されることが決定した。
     「ぼくのエリ 200歳の少女」は、「ボーダー 二つの世界」の原作者であり、アリ・アッバシ監督とともに共同で脚本を手掛けたヨン・アイビデ・リンドクビストのベストセラー小説「モールス」を2008年に映画化したもの。永遠に年をとらないバンパイアの少女と、孤独な少年の交流を描き、トライベッカ国際映画祭グランプリなど世界各国で60もの賞を獲得、日本にも多くの熱狂的なファンを持つ。
     「ボーダー 二つの世界」は、人並外れた嗅覚と美しい心を持ちながらも、醜い容姿のせいで孤独と疎外を強いられる女性ティーナと、勤務先の税関で出会った奇妙な旅行者ヴォーレの秘密を描く。
     アッバシ監督は、「ぼくのエリ 200歳の少女」は、映画が何か新しいものを発明したと言える作品だ」と絶賛しており、「ボーダー」に至るスウェーデン映画製作の誘いに対して、アッバシ監督はリンドクヴィスト原作の映画化以外の企画はやりたくないと答えたという。一足早く「ボーダー」を鑑賞した人々からは「ぼくのエリ」との類似点を挙げる声も多く、「ボーダー」公開前の予習としてもよい機会だろう。
     「ボーダー 二つの世界」は、10月11日から、ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。
  • 記事一覧に戻る
  • .
  • .
.
.
.