シネマニュース

.

是枝裕和監督が対峙した、対極に位置する仏女優カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュ

2019年9月12日

  •  第76回ベネチア国際映画祭のオープニングを飾った、是枝裕和の最新作「真実」。昨年カンヌでパルムドールに輝いた「万引き家族」に続く注目作であり、カトリーヌ・ドヌーブ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークら、スターを起用した是枝監督初の外国映画として反響を得た。大役を全うし、いまだ高揚した面持ちの是枝監督に、現地で話を聞いた。(取材・文/佐藤久理子)
    【動画】「真実」特報
     海外の辛口批評家たちがしばしば口にすることは、「監督が勝手のわからない異国の地で撮った作品は、あまり成功しない」というものだ。文化の違いゆえに、よほど気をつけなければ不自然でいびつなものになってしまうからである。
     だが、是枝監督が初めてフランスで外国人キャストと撮った最新作「真実」は、そんな「異邦人監督」が陥りやすい罠をやすやすとかわし、是枝監督らしいテーマである家族の繊細なドラマを、いい意味でフランス人の手によるかのような違和感のない作品に仕立てた。少なくとも、オープニングを飾った今年のベネチア国際映画祭の反響をみる限り、成功と言える。公式上映とともにプレス試写でも拍手がわき起こり、コンペの星取り票では、映画祭では評価されにくい軽妙なコメディにもかかわらず上位につけた。業界誌のバラエティは、「最初から最後までハイレベルなウィット、大胆さ、活気に満ちている。境界を超越した、驚くほどしなやかで成熟したおこない」と技量を評した。
     是枝監督もベネチアの反響を振り返り、自負をのぞかせる。「3大映画祭のコンペ受賞作は、どちらかといえばこってりした油絵が好まれる傾向にあると思うのですが、今回僕はそことは違うところに玉を投げているという思いが、作っているときからありました。もっと軽いトーンで、秋のパリの水彩画を描くかのように作った。日差しに溢れた、ほかほかするような感じで、観客に劇場を出て欲しいなと。自分が望んだ形には仕上がっていると思います」。
    続きを読む
  • .
  • .
.
.
.