シネマニュース

.

北極に不時着、マイナス30度、吹雪、飢え、絶望……マッツ・ミケルセンが体感した極限世界

2019年11月8日

  •  飛行機が墜落し、北極に取り残されてしまった男のサバイバルドラマ「残された者 北の極地」が、11月8日から公開となる。9月に来日した主演のマッツ・ミケルセンに、男がサバイバル状況で見出した“生きる意味”や過酷な撮影秘話、そして国際派俳優として名を馳せる自身のキャリアについて、話を聞いた。(取材・文・写真/編集部)


     第71回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門のミッドナイト・スクリーニングで上映された本作。北極地帯に不時着したパイロット・オヴァガード(ミケルセン)は、壊れた飛行機をシェルター代わりに、日々のルーティンをこなしながら救助を待つ日々を送っていた。しかし、ようやく救助に来たヘリコプターは強風のために墜落し、女性パイロット(マリア・テルマ・サルマドッティ)が大怪我を負ってしまう。瀕死の女性を救うため、オヴァガードは留まることをやめ、危険を承知で現状を脱しようと1歩を踏み出す。


     You Tuber出身のジョー・ペナ監督がメガホンをとった長編映画デビュー作。ペナ監督はミケルセンと15分だけSkypeで話す機会を得て、「わずかな時間でも絶対に(出演してくれるよう)説得する」と息巻いていたが、オファーに興味を持ったミケルセンとの会話は、実際には3時間ほどにも及んだという。ミケルセンは、ペナ監督を「最初からラジカルなアプローチというのか、『少額の製作費でも絶対に作品を完成させる』というものすごいエネルギーを持っていた」と絶賛し、「僕にとっても素晴らしいサプライズをはらんだ脚本だった」と述懐。説明的なセリフや映像表現を削除することで、見る者をサバイバル状況に没入させるような体感型の物語に仕上げた作品の魅力を、以下のように紐解く。


     「サバイバルを扱った作品のオファーは初めてというわけではないんですが、(多くが)そういう作品にありがちな罠にはまっている傾向があって。罠というのは、記憶やフラッシュバックが出てくること。この作品はそうした罠が一切無いクリーンな物語でありながら、読んでいて他の作品とは違った形でいろんな感情を喚起させられて、『すごく良いなあ』と思いました」

    続きを読む
  • .
  • .
.
.
.