シネマニュース

.

【中国映画コラム】4時間の傑作「象は静かに座っている」フー・ボー監督の“自殺”に思うこと

2019年11月9日

  •  北米と肩を並べるほどの産業規模となった中国映画市場。注目作が公開されるたび、驚天動地の興行収入をたたき出していますが、皆さんはその実態をしっかりと把握しているでしょうか? 中国最大のSNS「微博(ウェイボー)」のフォロワー数270万人を有する映画ジャーナリスト・徐昊辰(じょ・こうしん)さんに、同市場の“リアル”を聞いていきます!


    × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×


     前回のコラムでは、中国における海賊版の“真実”について言及させていただきました。語るべきことはまだまだあるのですが、要注目作が日本公開を迎えたので、一旦シフトチェンジさせていただきます! 昨年、中国映画業界で最も話題となった作品は、何だと思いますか? チャン・イーモウ監督作「SHADOW 影武者」? それともジャ・ジャンクー監督作「帰れない二人」? その答えとなる作品は、11月2日に日本での劇場公開を迎えた「象は静かに座っている」なんです。


     総尺約4時間の「象は静かに座っている」をデビュー作として発表したフー・ボー(胡波)監督は、わずか29歳の若さでこの世を去りました。ある若手監督の最初で最後の作品――この事実は中国映画界に大きな衝撃を与えました。フー・ボー監督の死によって“伝説”となった本作は「物語の内容、監督の死による社会的影響への懸念」「4時間尺の作品は、上映する機会が少なく、興行収入も全く期待できない」といった理由が兼ね合い、中国国内での公開は叶わず。大多数の映画ファンは、仕方なく海賊版で鑑賞することになったんです。


     「私たちはこの映画を愛しています! 審査のなかで『象は静かに座っている』に関する議論はずっと続いています。本作は非常に特別。他の中国映画監督の素晴らしいデビュー作に負けないほどの傑作です。29歳の若さで亡くなったフー・ボー監督ですが、彼の名は既に映画史に残りました」

    続きを読む
  • .
  • .
.
.
.