シネマニュース

世界の16の島の伝統音楽を繋ぐ壮大なプロジェクト「大海原のソングライン」はどのように誕生したのか?

2020年7月31日

  •  台湾の離島から始まり、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、マダカスカル、そしてイースター島と、世界の16の島に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー「大海原のソングライン」が8月1日公開される。文字のない時代に動植物や自然について歌い、さまざまな楽曲を繋いで音楽で暮らしぶりを伝える、オーストラリアの先住民の“ソングライン”という方法を用い、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させ、映画にするというかつてない試みに挑んだ製作陣が、石垣島ゆがふ国際映画祭(2021年開催予定)のプレイベントで来日し、その過程を語った。


    【フォトギャラリー】美しい太平洋の島々を映した場面写真


     豪・メルボルンで、音楽と映画製作を学んだティム・コール監督。本格的な長編映画の発表は今作が初となる。「1988年にパプアニューギニアのミュージシャンとのアルバム制作から私のキャリアがスタートしました。非常にクリエイティブな体験で、土着的でありながら非常に現代的、歴史的な深みもある作品になったのです。それから長い時間を経て、8年前にオーストラリアの芸術祭でバオバオに出会い、アボリジニの音楽をレコーディングする企画で、そこで二人で2年間暮らしながら仕事をしました。その時、気候変動について考える機会を持ち、私たちは音楽とこの問題を結び付けて映画を作りたいと思ったのです」と、キャリアと今作が誕生したきっかけを語る。


     簡易な機材だけを携え、世界の島々を周遊。船の中など、旅をしながらノートパソコンとヘッドホンで編集を重ね、島や海の上で映画が生み出されていった。壮大なテーマと膨大な素材をミニマムな機材と人員で作品化するという、クリエイティブの力がいかんなく発揮されている。「できるだけ早くこの問題を伝えたいという緊急性がっあったので、この方法を使ったのです」とコール監督。


     「気候変動の問題だけを伝えるドキュメンタリーにはしたくなかったのです。それは科学者の仕事です。人間にフォーカスを当てることによって、環境も自然に含まれますし、彼らが生きている自然環境を音楽のなかで伝えることができます。アーティストの役割として、文化にかかわる物語に貢献したい、それぞれが生まれてきた場所、自分たちのアイデンティティにかかわるものを伝えたい、という気持ちがあると思うのです。どちらかというと、これまで西洋文明が世界を牛耳ってきたような傾向がありますが、その結果として、様々な環境問題が引き起こされている。ですから、南洋の島々のミュージシャンたちが持つ物語が、この流れを変えるような動きになったらと考えたのです」

    続きを読む