シネマニュース

マリオ・バーバ監督のブルーレイBOX第3弾、12月発売 「モデル連続殺人事件!」など収録

2020年9月16日

  •  “イタリア恐怖映画界の至宝”マリオ・バーバ監督の没後40年を記念したブルーレイBOX「没後40年 マリオ・バーヴァ大回顧 第III期」が12月23日に発売されることがわかった。


    【フォトギャラリー】「没後40年 マリオ・バーヴァ大回顧 第III期」収録作品


     リドリー・スコット、ティム・バートン、マーティン・スコセッシ、デビッド・リンチ、クエンティン・タランティーノ、ギレルモ・デル・トロ、ジョン・カーペンター、ジョー・ダンテ、ショーン・S・カニンガム、ダリオ・アルジェント、大林宣彦など数多くの監督に影響を与えてきたバーバ監督。ホラー映画史に残る名作「血ぬられた墓標」に加え、“ジャッロ映画”の初めての作品「知りすぎた少女」、数々の作品に影響を与えた「バンパイアの惑星」「呪いの館」を世に放ってきた。


     「第III期」では、権利関係の理由から「第I期」「II期」では収録できなかった「白い肌に狂う鞭」「モデル連続殺人!」「クレイジー・キラー 悪魔の焼却炉」を収録。3本ともに国内初ブルーレイ化となり、価格は1万5000円(税抜き)。山崎圭司氏が監修したブックレットを封入する。なお、各作品の単品ブルーレイ(4800円:税抜き)、単品DVD(3800円:税抜き)も同時発売。

    続きを読む