シネマニュース

三吉彩花&阿部純子、一心同体で体現した“10カ月の変化” コロナ禍での日々も振り返る

2020年9月16日

  •  ルームシェア生活を送る女性同士の、その一方が妊娠してしまったとしたら――津田肇監督が自らの経験を基に描いた「Daughters(ドーターズ)」が映し出すのは、10カ月にも及ぶ“変化”だ。映画.comでは、2019年10月23日の撮影に密着。そこから月日は過ぎ去り、ついに作品が産声をあげようとしている。ダブル主演を務めた三吉彩花と阿部純子は、念願の封切りを目前に、何を感じているのだろうか。(取材・文/編集部)


     主人公は、東京・中目黒でルームシェア生活を送る小春(三吉)と彩乃(阿部)。2人が「妊娠」「シングルマザー」という人生の決断を経て、友情、仕事、家族と向き合いながら、過去への固執と現実、そして“その先”を描き出す。現場取材で体感したのは、チーム全体が“映画作り”を楽しんでいるということ。三吉と阿部は互いを信頼し合い、スタッフ陣の笑顔もしっかりと記憶に残っている。きっと素敵な作品になる――その予感は、今となっては正しかったのだ。

    続きを読む