シネマニュース

ジェイソン・モモア、「ジャスティス・リーグ」巡り米ワーナーと対立のレイ・フィッシャーを支持

2020年9月16日

Photo by Amy Sussman/Getty Images Photo by Frazer Harrison/Getty Images

  •  2017年公開のDC映画「ジャスティス・リーグ」撮影時にジョス・ウェドン監督をはじめとする製作陣から不当な扱いを受けたとして、製作・配給元の米ワーナー・ブラザースとバトルを展開中のレイ・フィッシャー(サイボーグ役)に、同作の共演者でアクアマン役のジェイソン・モモアが支持を表明した。


     フィッシャーは7月初旬、「ジャスティス・リーグ」の製作途中で娘の急死を理由に降板したザック・スナイダー監督から引き継ぎ同作を完成させたウェドン監督を、「彼の現場でのキャストとスタッフへの対応は、下劣で虐待的でプロ意識に欠ける、受け入れがたいものだった」と自身のTwitterで告発。さらに、「そうした行いが許されたのは、ジェフ・ジョンズやジョン・バーグが見て見ぬふりをしたからだ」と、プロデューサーふたりを名指しで糾弾した。


     これを受け、親会社であるワーナーメディアは内部調査を開始したものの、フィッシャーによる批判ツイートの嵐はおさまらず、さらにはワーナーが先日、「自ら要請した第三者機関の調査員が事情聴取を行うべく再三面会を求めているにも関わらず、断固としてリクエストに応じない」と、公式声明でフィッシャーの非協力的な姿勢を厳しく追及したことで、対立がエスカレートする気配を見せていた。

    続きを読む