シネマニュース

河瀬組ならではの仰天エピソード満載 「朝が来る」メイキング写真&撮影秘話公開

2020年10月18日

(C)2020「朝が来る」Film Partners

  •  「あん」「光」の河瀬直美監督がメガホンをとった「朝が来る」のメイキング写真が、撮影裏話と共に披露された。


    【画像】「朝が来る」メイキング写真


     本作は、直木賞&本屋大賞受賞作家・辻村深月氏の長編小説を映画化。実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の絆と葛藤を描く。メイキング写真は、特別養子縁組あっせん団体「ベビーバトン」の説明会のシーンで赤子をあやす永作博美と井浦新の姿や、河瀬監督自らカメラを持って撮影する姿などを切り取っている。


     この説明会のシーンでは、「ベビーバトン」の代表・浅見静恵を演じた浅田美代子が、実際に役者ではない人々からの台本にない質問に1時間ほど答え続けた。浅田は「河瀬監督には嘘(お芝居)は通用しないから」と語り、特別養子縁組のすべてを頭にたたきこんでから撮影に挑んだ。実際に特別養子縁組によって子どもを迎えた養親さんも登場しており、本物の言葉に注目のシーンとなっている。

    続きを読む