シネマニュース

蒼井優の華、高橋一生の上手さを黒沢清監督が称賛 東出昌大は“声”の凄みに「お見事」

2020年10月17日

  •  黒沢清監督の最新作「スパイの妻 劇場版」の公開記念舞台挨拶が10月17日、東京・新宿ピカデリーで行われ、黒沢監督をはじめ、蒼井優、高橋一生、東出昌大、坂東龍汰が出席。本日時点で世界89カ国での配給が決定したことが発表された。


    【フォトギャラリー】「スパイの妻 劇場版」の公開記念舞台挨拶の模様


     本作は、第77回ベネチア国際映画祭の銀獅子賞(監督賞)を受賞。「スケールの大きい映画のように見えますが、撮影は予算やスケジュールでの“攻防戦”が繰り広げられていました。画の中にしかセットがないという部分も。でも、黒沢監督の作品は画の中を撮りながら、画の外も撮っている。そこが凄いなと思いました」と振り返った蒼井。黒沢作品の魅力を問われると「画の外からの圧と、外への広がり。骨太な映画ができたなと思います」と答えていた。


     黒沢監督は、俳優陣へ多大な信頼を寄せていたようだ。「蒼井さんが華がある。画面に映ると、隅の方にいても、場合によっては後ろを向いていても輝く。もって生まれたものなんでしょうね。高橋さんは舌を巻くほど上手い。セリフが見ている側に飛び込んでくる。聞いていると光景が浮かんでくるんですよ。世界で一番上手いんじゃないかと思う」と蒼井と高橋を絶賛。高橋は、その言葉を聞くと「思い残すことがない。今日で終わってしまってもいいくらいの言葉です」と切り返していた。

    続きを読む