シネマニュース

黒沢清監督のためならば――蒼井優&高橋一生「スパイの妻」ベネチア銀獅子賞までの軌跡

2020年10月18日

  •  9月12日(イタリア時間)、第77回ベネチア国際映画祭から日本へ吉報がもたらされた。黒沢清監督作「スパイの妻 劇場版」が銀獅子賞(監督賞)を獲得――日本映画としては「座頭市」(2003)以来17年ぶりの快挙だった。黒沢監督は歴史に刻まれた傑作をどう作り上げたのか。主演の蒼井優、高橋一生とともに振り返ってもらった。(取材・文/編集部)


    【フォトギャラリー】「スパイの妻 劇場版」場面写真


     舞台は、1940年。国家機密を偶然知ってしまった優作(高橋)と、彼と生き抜く決意をした妻の聡子(蒼井)を、太平洋戦争開戦間近の日本という時代の荒波が飲み込んでいく。9月9日、ベネチア国際映画祭のオンライン会見に臨んだ黒沢監督は、作品に込めた思いを詳細に語っている。作家としての共通テーマのひとつは「社会と個人はどう共存するのか、あるいはどう対立するのか」というもの。その対立が明確だった40年代を背景に、社会と個人の隔たりの象徴でもあり、ジャンルとしての映画的魅力を発揮できる“スパイ”に目を付けた。

    続きを読む