シネマニュース

「ワンダーウーマン1984」公開延期を回避 日本公開は12月18日に前倒し

2020年11月20日

(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

  •  米ワーナー・ブラザースは、12月25日全米公開の「ワンダーウーマン1984」(パティ・ジェンキンス監督)を、米動画配信サービス「HBO Max」で同時配信すると発表した。


     「ワンダーウーマン1984」は、2017年に世界総興収8億2810万ドルの大ヒットを記録した「ワンダーウーマン」の続編。当初は今年6月5日に全米公開を予定していたものの、新型コロナウイルスの感染拡大により、10月2日に延期。その後、12月25日に再延期された。


     アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大が収まる気配がなく、ニューヨークとロサンゼルスを含め全体の50%の劇場が閉鎖。また、ヨーロッパでも感染が再拡大しているため、公開再延期の可能性が囁かれていた。


     そんななか、同社は「ワンダーウーマン1984」を予定通り12月25日に全米公開するとともに、同日HBO Maxで配信を開始すると発表した。今回の決断について、ワーナー・ブラザースのアン・サーノフ会長兼CEOは、「この前例のない時代を乗りきるにあたり、私たちはビジネスを前進させつつ、ファンの皆様にご満足いただかなくてはなりません」と説明。「本作は大画面でこそ命が吹き込まれる素晴らしい映画であり、興行界のパートナーのみなさんの協力のおかげで、劇場が開いているところでは映画館でご鑑賞いただけます。また、新型コロナウイルスの影響で多くの観客のみなさんが劇場に戻ることができない点を考慮し、HBO Maxで『ワンダーウーマン1984』をお楽しみいただける選択肢をご用意しました」とコメントを発表している。

     現時点において、HBO Maxはアメリカのみでサービスを提供。「ワンダーウーマン1984」は、アメリカ以外においては12月16日より順次劇場公開予定。日本公開日は、12月25日から12月18日に前倒しされた。

  • 記事一覧に戻る