シネマニュース

セキュリティに勝てても睡魔には勝てない シニア窃盗団描く「キング・オブ・シーヴズ」本編映像

2020年11月20日

(C)2018 / STUDIOCANAL S.A.S. - All Rights reserved

  •  英国史上最高齢かつ最高額の金庫破り集団として世界を驚かせた2015年に実際に起こった窃盗事件を映画化した「キング・オブ・シーヴズ」の公開日が2021年1月15日に決定し、あわせて本編映像の一部が披露された。


    【画像】激渋!「キング・オブ・シーヴズ」の豪華俳優陣


     「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュがメガホンをとり、イギリスを代表する名優マイケル・ケインが主演。ジム・ブロードベント、トム・コートネイ、レイ・ウィンストンらベテラン俳優が共演している。


     かつて「泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)」と呼ばれたブライアン(ケイン)。一度は裏社会から引退し、愛する妻と平穏な日々を過ごしていたが、妻の急逝後、知人のバジル(チャーリー・コックス)からロンドン随一の宝飾店街ハットンガーデンで約25億円を盗み出す大掛かりな窃盗計画を持ちかけられる。ブライアンは一度引退した身ではあったが、久々の大仕事の魅力に逆うことが出来ず、ケニー(コートネイ)、テリー(ブロードベント)、ダニー(ウィンストン)、カール(ポール・ホワイトハウス)ら、かつて伝説と謳われた窃盗団を再結集、再び犯罪の世界に手を染めることになる。

     披露された映像は、ハットンガーデンの金庫に侵入しようとするシーン。バジルがいくつものセキュリティを解除し、これからお宝を奪うミッションを開始しようとした矢先、警報ランプが赤く光っていることに気づいたブライアン。困惑したバジルが見張り役のケニーを探しに行くと、夜遅い時間の睡魔に勝てず眠りこけるケニーを見つける。金庫のセキュリティには勝てても睡魔には勝てない、平均年齢60歳オーバーの凄腕窃盗集団の余裕と人間味あふれるシーンを切り取っている。


     「キング・オブ・シーヴズ」は2021年1月15日から、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開。

  • 記事一覧に戻る