シネマニュース

【「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」評論】底なしのサービス精神!自由奔放でアバンギャルドな快作

2020年11月21日

  •  「バック・トゥ・ザ・フューチャー」一作目が製作された時、シリーズの生みの親であるロバート・ゼメキス監督と脚本のボブ・ゲイルは続編について一切考えていなかった。一作目のラストで「TO BE CONTINUED....」と続編が予告されるのを見た人も多いと思うが、アレはビデオリリースの際に足されたもので、DVDリリース時に削除され、現在配信等で観られるバージョンにも存在しない。


     三部作の構想は、一作目の予想外の大ヒットを受けて後付けで生まれたものだった。ボブ・ゲイルは一旦、マーティがヒッピームーブメントの1960年代を訪れるアイデアを考えたが、あまり膨らますことができず、30年後の未来(2015年)と歴史が歪んでしまった現在(1985年)、そして再び30年前のあの日(1955年)を行き来するトリッキーなドタバタ劇に仕立て上げた。


     「Part2」といえば、ホバーボードや3Dのホログラフ映画といった未来予想図や、歴史が変わって大出世したビフのモデルがドナルド・トランプであった先見性などで語られることが多い。しかし「Part2」を見直すたびに何に感心するかって、教科書的なほどに収まりのよかった前作とは異なるエンタメを提供しようという底なしのサービス精神にである。

    続きを読む