シネマニュース

全米映画批評家協会賞「ノマドランド」が最多4冠

2021年1月13日

(C)2020 20th Century Studios. All rights reserved.

  •  全米批評家協会(National Society of Film Critics)の所属会員の投票によって選出される第55回全米批評家協会賞が発表され、クロエ・ジャオ監督の「ノマドランド」が作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞の最多4冠に輝いた。


     ジェシカ・ブルーダーのノンフィクション書籍「ノマド:漂流する高齢労働者たち」をもとにした同作は、「スリー・ビルボード」のオスカー女優フランシス・マクドーマンドが主演したロードムービー。不況により長年住み慣れたネバダ州の住処を失い、最愛の夫も亡くしたファーン(マクドーマンド)が、キャンピングカーにすべての思い出を詰め込み車上生活者=現代の“ノマド(遊牧民)”として生きる姿を、行く先々で出会うノマドたちとの交流、大自然の映像美とともに描いた。これまで第77回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第45回トロント国際映画祭の観客賞、第41回ボストン映画批評家協会賞の作品賞を受賞している。

    続きを読む