シネマニュース

松坂桃李、実写「モンハン」吹き替え声優も“戸惑い” 中村悠一、花江夏樹らも参加

2021年1月14日

(C)Constantin Film Verleih GmbH

  •  俳優の松坂桃李が、大ヒットゲームシリーズを実写映画化する「モンスターハンター」の日本語吹き替え版に参加していることがわかった。主人公・アルテミス(ミラ・ジョボビッチ)のバディとなるハンターで、世界中のどこにもない言語=「モンハン世界のオリジナル言語」を話すキャラクターを演じる松坂は「どういうアプローチで、どういう引き出しを開ければ良いのか…」と戸惑ったことを明かしている。


    【画像】豪華すぎる!「モンスターハンター」吹き替え版声優陣


     累計興行収入200億円を突破した「バイオハザード」シリーズコンビである、ポール・W・S・アンダーソン監督とジョボビッチが再タッグを組む本作。「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンが共演するほか、山崎紘菜が本作でハリウッド映画進出を果たしている。


     松坂が演じるのは、モンスターの狩猟を生業とするハンター。異世界からやってきたアルテミスのバディとして、共に超巨大モンスターに立ち向かうという重要な役どころだ。本編のシナリオにハンターのセリフは書かれておらず、撮影現場でハンター役のジャーが全編アドリブで話していたそう。「一体これは何語を喋っとるんじゃ? トニー・ジャーは何て言っとるんじゃ(笑)?」とギャグも言いたくなるほど戸惑っていた松坂だが、実際にアフレコがスタートすると“モンハン言語”を自在に操り、熱演を披露した。

    続きを読む