シネマニュース

アカデミー賞最有力「ノマドランド」原作者、映画化の心境を吐露「もし映画がひどいものだったら…」

2021年4月8日

Todd Gray

  •  第93回アカデミー賞に作品賞を含む6部門でノミネートされている「ノマドランド」(公開中)は、車上生活者=現代の“ノマド(遊牧民)”として生きる人々を描いたフィクションと現実のハイブリッド映画だ。実在のノマドたちが出演する今作の原作となったのは、ジェシカ・ブルーダーによるノンフィクション本「ノマド 漂流する高齢労働者たち」。3年間にわたり現代のノマドの取材に情熱を傾けたブルーダーが、今作がフィクションを交えて映画化された心境を正直な言葉で語った。(取材・文/編集部)


     「ノマドランド」は、「ノマド 漂流する高齢労働者たち」を原作に、アメリカ西部の路上に暮らす車上生活者たちの生き様を、大自然の映像美とともに描いたロードムービー。プロの役者は、主人公ファーンを演じたオスカー女優フランシス・マクドーマンドと、ファーンと心を通わせるノマドのデイブ役を演じたデビッド・ストラザーンのみで、ほかに登場するノマドたちは実際の車上生活者だ。

    続きを読む