シネマニュース

ジェイソン、フレディ、ブギーマン、全員の要素が詰まっている! 入れ替わりホラー「スイッチ」特別映像

2021年4月8日

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

  •  「透明人間」「ゲット・アウト」などを手がけるジェイソン・ブラムが製作、「ハッピー・デス・デイ」シリーズのクリストファー・ランドンが監督を務めた「ザ・スイッチ」の特別映像が披露された。惨殺シーンの数々と共に、ランドン監督やキャストたちが本作の魅力を語っている。


    【動画】キャストたちが嬉々としてホラーを語る「ザ・スイッチ」特別映像


     13日の金曜日、冴えない女子高生のミリー(キャスリン・ニュートン)は、連続殺人鬼ブッチャー(ビンス・ボーン)に襲われ、殺されたはずが身体が入れ替わってしまう。24時間以内に入れ替わりを解かなければ、一生元の身体に戻れないという状況の中、新たな殺戮を企てるブッチャーからミリーは自分の身体を取り戻そうとする。


     殺人鬼が乗り移る女子高生を演じたニュートンが「最高に楽しい。手加減はナシよ。チェーンソーで首を切って血が吹き飛ぶ」と愉快に話すように、恐怖とユーモアが絶妙に融合した本作。ランドン監督は「ジェイソンやフレディ、マイケル・マイヤーズ、全員の要素が詰まってる。典型的な殺人マシーンだ。だから面白い」と、ホラー映画の代名詞的キャラクター達を引き合いに出しながらブッチャーについて解説する。

     さらに、ランドン監督は入れ替わりというジャンルについて「自分の作品に取り組むときは、これまでやられていない新鮮な描き方はないか探している。入れ替わりモノでスラッシャー要素があるアイデアはすごくピンときて腑に落ちたし、自分が手がけたどの作品でも、キャラクター主導で展開していくことが重要だと考えてきた。今回の映画は、それを本当に愉快な形で実行する完璧な機会だと思ったんだ」と話している。


     「ザ・スイッチ」は4月9日から全国公開。

  • 記事一覧に戻る