シネマニュース

戦争を生き抜いた少年が父になり、現代を生きる娘に伝えた思い「8時15分 ヒロシマ 父から娘へ」今夏公開

2021年4月30日

  •  1945年8月6日、世界で初めて広島に投下された原子爆弾を至近距離で被爆した父・進示さんの壮絶な体験を、娘である美甘章子(みかもあきこ)が、長い時間をかけて聞き取り、2013年英語で書籍化。2014年日本語版「8時15分 ヒロシマで生き抜いて許す心」(講談社エディトリアル)を出版し、2020年にエグゼクティブ・プロデューサーとして自ら映画化した「8時15分 ヒロシマ 父から娘へ」が、2021年夏公開される。


     戦争の愚かさ、原爆の残酷さのみを声高に訴えるのではなく、その地獄の様な状況にあっても、生きることを諦めなかった父の思いと、その40年後に起こったある事件から導き出され、父から娘へ受け継がれた、世界の平和を叶えるためのメッセージを紐解いていく。また、ナッシュビル映画祭2020観客賞受賞など世界的評価も高く、ハリウッド映画化への準備が進められている。


     1945年8月6日、第2次世界大戦中の広島。父の福一と共に建物疎開の準備をしていた19歳の美甘進示の頭上を、激しい光が襲った。史上初めての原子爆弾は広島中を焼き尽くし、瞬く間に7万人以上の命を奪ったのだ。真夏の炎天下、父と息子は想像を絶する苦痛の中、焼けただれた体を引きずって、救助を探し彷徨う。父と離れ離れになった進示はひとり、父との再会を待っていた。しかし3カ月後、燃え尽きた瓦礫の中から、高熱で針の影が文字盤に焼きついた父の懐中時計を見つける。全て焼き尽くされた広島で進示を家族や先祖と結びつけるものはそれだけだった。そして40年後、進示の平和への願いは形となってニューヨークにある国連本部に届く。その数年後、ニューヨークを訪れた娘の章子は驚くべき事実を知る。

    続きを読む