シネマニュース

【コラム/「賞レースのユクエ」byオスカーノユクエ】数々の難題に立ち向かえ! 協会が断行した授賞式大改革は成功したのか?

2021年4月30日

Photo by Chris Pizzello-Pool/Getty Images

  •  今年ほど企画が難しかった授賞式も他にないでしょう。


     世界中を襲うパンデミックという非常事態のなかで行われた第93回アカデミー賞授賞式は、異例尽くめの進行で視聴者を驚かせました。何より最優先される感染防止のため、会場の変更にはじまり、出席者の人数を制限し、世界各地に中継拠点を設け、開始時間を早めるなど、協会側はあらゆる対応を求められました。その結果、いい意味でも悪い意味でも、これまでに見たことがない授賞式が生まれたことは間違いありません。


     今回、授賞式の企画・進行を任されたプロデューサーたちには、大胆な改革をもって数多の困難を乗り越えようという精神が確かにあったように思います。なかでも、授賞式自体を1本の映画のように演出するというプランは、「いったいどんな授賞式になるのか?」と期待に胸を踊らせる妙案でした。それをぶち上げたのが、映画監督のスティーヴン・ソダーバーグ(授賞式プロデューサーのひとり)なのだから、なおさらです。さて、その革新的な試みは、いったいどんな授賞式を生んだのでしょうか?

    続きを読む