シネマニュース

鈴鹿央士が主演! 小中和哉「星空のむこうの国」を35年ぶりにセルフリメイクで映画化

2021年5月3日

  •  小中和哉監督が22歳で発表した「星空のむこうの国」が、35年の時を経て小中監督のセルフリメイクで映画化されることとなり、俳優の鈴鹿央士が主人公の昭雄を演じていることが明らかになった。


     同作は、1984年に小林弘利による同名小説が刊行されているが、小中監督から映画化を前提として執筆を依頼されたことを当時明かしている。自主製作映画界では知られた存在だった小中監督の商業デビュー作だが、若手映像作家の女性を目的として池袋文芸坐が出資し公開に漕ぎ着けた。女優・有森也実にとっては事実上のスクリーンデビュー作だが、長らくビデオが絶版、2002年に限定発売されたDVDも絶版となっており、「幻の映画」として認知されていた。


     令和版「星空のむこうの国」に主演する鈴鹿は、松岡茉優主演作「蜜蜂と遠雷」で銀幕デビューを果たし、現在はTBS日曜劇場「ドラゴン桜」に出演するなど若手注目株のひとり。昭雄役を演じ切ったが、「やっぱり難しかったです。でも、その分やりがいがありました。毎日、昭雄のことを考えていたあの日々はとても充実していました」と振り返る。さらに、「昭雄を演じていく中で、カメラに映るということを少し意識するようにしていました。自分の動きと感情などが、カメラの前でどう映るのかを考えて、そこを理解しなきゃいけないことが多くて、そこは小中監督とも話し合いながら撮影していました」と語る。

    続きを読む