シネマニュース

ドゥニ・ビルヌーブ監督が選ぶ「お気に入りの映画」20作品

2021年5月4日

(C)Seventh Kingdom Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014

  •  ヒューマンミステリー「灼熱の魂」(2010)や、SFドラマ「メッセージ」(16)などのドゥニ・ビルヌーブ監督が、過去に「お気に入り」と公言した映画20作品を米IndieWireが発表した。


     ビルヌーブ監督は、カナダ・ケベック州トロワリビエール出身。米アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた「灼熱の魂」(2010)で国際的に注目を集め、13年にはハリウッド進出作「プリズナーズ」「複製された男」の2本のスリラーを発表した。その後、クライムアクション「ボーダーライン」(15)を経て、「メッセージ」(16)ではアカデミー作品賞、監督賞など8部門にノミネート。傑作SFノワール「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー 2049」(17)でメガホンをとった。今秋には、最新作となるSF作家フランク・ハーバートの小説「デューン 砂の惑星」を映画化したティモシー・シャラメ主演「DUNE デューン 砂の惑星」の公開が控えている。

    続きを読む